時めく蒸機の風

蒸機の撮影(N蒸機の加工)が、メインですが、 明智光秀ネタも書いてます・・・。

朱印

只今!明智光秀、三十六ヵ所巡り実行中。(^_^;)

明智風呂

大河ドラマ・麒麟がくるに合わせてか?
第54回京の冬の旅(非公開文化材特別公開)にて、
妙心寺では、仏殿と浴室が公開されていいました。

明智風呂b

仏殿は、普段は外側から網越しに本尊が見られるのですが、
今回初めて、内部を見られる様にされたそうです。

明智風呂c

何故かと言うと~!この仏殿に、明智光秀公の御位牌が安置されていたからかも?
チケット画像の右奥にあり、まじ近に見る事が出来ました。
そして、次に見学したのが、浴室(明智風呂)

明智風呂a

普段は、撮れない柵の内側から撮影。(内部は撮影禁止)
拝観時に、運良く建物の説明と妙心寺と明智光秀との関わりを色々と語って頂けました。
光秀マニア的には、知ってる「明智軍記」の話と同じかなぁ?です・・・。(^^;)

そして今回の目的は~!明智風呂の御朱印(書置き)を頂く事~!
ネットでは、見た事が無かったのですが・・・。Twitterで知りました。
この企画の為に作ったのかなぁ?と思って、
受付で聞いた処、以前からあったそうです・・・。(^^;)

明智風呂

生田神社(朱印巡礼30)

天正6年4月末、明智光秀は、播磨遠征時に、生田の森に立ち寄って、
「ほととぎすいくたびもりの木間哉」と読んだそうだ。

今年初めの御朱印は、初詣を兼て生田神社へ行く事にしました。
いくたロードを歩いてい行くと、鳥居の横に、由緒書きの看板が。

生田神社b

生田の地は、源平合戦の古戦場だったとか。
そして、正面には、大きな楼門が見えました。

生田神社a

本殿で参拝を済ませて、生田の森へ行きました。
(本殿は、参拝者の列が出来ていたので・・・。残念ですが、撮影出来ませんでした。)

生田神社c

本殿の裏に、生田の森が僅かに残っており、史跡となっていました。
中に入ると、樹齢500年の御神木が、植えられていました。

生田神社g

生田神社f

森の中に石碑が有ったので、見てみると、なんと!蒲鉾発祥の碑でした。
知らんかった・・・。(;^_^A

生田神社h

裏口にも由緒書きが有ったので、撮影。
武蔵坊弁慶も参拝に来たらしい。

生田神社j

生田の森は、その他にも、日本書紀、枕草子にも登場するとか。

生田神社


盛林寺(朱印巡礼29)

丹後宮津にある盛林寺(曹洞宗)へ行きました。
ここは、明智光秀の娘(玉)が、光秀の首を供養したと言われる処です。
山崎の合戦後、娘の玉は?味土野に幽閉されていたので、盛林寺へ来る事が出来ないと思うが・・・。

盛林寺b

盛林寺a

出掛ける前に、電話予約していた時間に、無事到着。(^^;)

盛林寺e

本堂横の建屋に入り、挨拶をし朱印帳を預け、供養塔へお参り。

盛林寺d

盛林寺c

裏山にある、伝・明智光秀の供養塔、他の供養塔よりも少し小さめでした。

その後、朱印帳を受け取る際に、少し和尚さんとお話ができました。
御寺の過去帳には、明智光秀に関する記録は無いそうですが、何故か?
一色義定と同じ位牌になっているそうだ・・・?。
御寺の訪問者も、一色氏や細川氏マニアが多く訪れるらしいが。。。
明智光秀マニアは、余り訪問されない様です・・・。(^^;)

盛林寺

家に帰宅後、一色義定について、調べたら、
明智光秀が、細川藤孝の娘と婚姻を進めた関係で、山崎の合戦後に、謀反の疑いにより、
羽柴秀吉・細川藤孝に攻められ自害したと言う。
御寺の場所も現在とは少し違う処に建っていた様なので・・・。
正確には、明智光秀の供養塔ではなく、一色義定の供養塔で、細川藤孝の娘が!
夫の供養の為に、立てたのが、正しいのではと感じた・・・。

智恩寺(朱印巡礼28)

明智光秀は、天正9年4月、細川忠興の茶会に招かれ、丹後観光~!
天の橋立にて、舟遊びをしたそうだ。
そして、智恩寺の文殊堂にて、細川藤孝・里村紹巴らと連歌をし、
「うふるてふ松は千年のさなら哉」と読んだとか。

智恩寺a

有料駐車場に車を止めて、智恩寺へ、大きな山門が見えました~!

智恩寺b

知恵の文殊さまか・・・。

智恩寺c

山門をくぐると、立派な!二重の塔が在りました~!
本堂は、残念な事に屋根の修理中だったので、撮影が出来ませんでした・・・。

智恩寺

本堂に受付が有り、御朱印を頂きました。

愛宕神社(朱印巡礼27)

明智光秀ゆかりの地で、一番の難所・・・。(^^;)
愛宕神社へ行きました。
京都バス・清滝下車、神社までは、片道2時間半の山道を上ります。
中学の遠足で上った経験がありますが、大人になるとチョットきつかった・・・。

IMG_4240 のコピー

道中は、木の杭を打ちつけた階段状の坂道が続きます・・・。(^^;)
途中、京都市内が良く見え~!でも登山道が崩落してます・・・。

IMG_4238 のコピー

水尾の合流手前、亀岡市内が一望。亀岡スタジアムが見えてます。
その下、左手前に、明智越えが見えています。

愛宕神社b

黒門を過ぎると、石段が続きます・・・。
その後、山頂の広場を過ぎると、やっと鳥居が見えました・・・。(^^;)
100m置きの標識が、43/40で終わりました・・・。

愛宕神社c

神殿の中に社務所があり、その奥に本殿がありました。
明智光秀が、中国遠征の必勝祈願に訪れた、愛宕神社に到着~!

愛宕神社a

ここで、明智光秀が、「時は今あめが下なる五月かな」と句を詠んだんですね!
御朱印には、神の使いの猪の印が押されていました。
プロフィール

kのの

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 明智風呂
  • 明智風呂
  • 明智風呂
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村 鉄道コム
  • ライブドアブログ