時めく蒸機の風

蒸機の撮影(N蒸機の加工)が、メインですが、 明智光秀ネタも書いてます・・・。

朱印巡り

ぼちぼち御朱印巡り行きたいなぁ。

明智神社(朱印巡礼44)

坂井市の称念寺を後にして、福井市の明智神社へ!
県道25号線から、旧朝倉街道の交差点を左折する角に、
山本食料品店があり、そこで先に、御朱印を購入・・・。(^^;)

交差点を曲がって、少し行くと大きな看板が有り、臨時駐車場が出来ていました。

明智神社e

車を降りて、案内標識を辿って行くと、明智光秀の屋敷跡と言う看板が有りました。
永禄5年~永禄9年頃に、称念寺門前から、移り住んだと考えられています。

明智神社d

更に歩いていくと、石垣に出来た!ハート苔だよ~!と書いて有り撮ってみたが・・・。
苔の位置が、目線なので上手く撮れず、手を一杯に挙げて山勘撮影を数回・・・。(^^;)
なんとか!撮れました・・・。(;^_^A 
撮影用に踏み台が欲しい所ですが、車道なので無理ですね。。。

明智神社c

山沿いの民家と、畑の一角に、明智神社の祠が有りました。
チョット懐かしい、田舎の風景。
観光客が、押し寄せる場所では無いですね・・・。(;^_^A

明智神社b

近くの休憩所(資料館)には、「あけっつぁま」の写真が有りました。

明智神社a

京都・周山の慈眼寺にある、明智光秀像の様に、黒くて目が白いですね!

明智神社

帰りは、湖西道路を南下して更に、明智光秀のゆかりの地を訪問。

称念寺(朱印巡礼43)

コロナ過の影響で、県外移動の自粛中、ネット検索していたら・・・。
福井の称念寺と明智神社で、御朱印を始めた事をしり、何とか頂きたいと思案していた。
(昨年調べたら、何方も御朱印をしていなかったので行く予定は有りませんでした。)

5月末から、何とか県外移動が可となり、高速道路も休日割引が始まったので・・・。
車で出掛ける事にしました!
明智光秀ゆかりの地!最北端に到着!

称念寺e

京都から、高速で、約3時間・・・。いや~遠いよね・・・。(^^;)
電車だと楽だけど、駅からのアクセスが悪いので、車で無いと不便ですね・・・。

称念寺d

ここは、明智光秀が、門前で暮らしていた処だそうです。
(同念上人・遊行31祖京畿御修行記に記載されているらしい。)
そして、朝倉の家臣・黒坂備中守景久の家臣となったとか。

称念寺b

御朱印は、本堂内で、受け付けされており、待っている間、新田義貞公の木像を撮影させて貰いました。

称念寺a

新田義貞の弟、脇屋義助の供養塔も有るらしいが・・・。
何故か?家の母親の菩提寺(倉吉・大蓮寺)にも有るのよね・・・。

境内には、ボランティアの方が案内もされて、チョットばかし雑談をしていたら、
あけち姓(それに近い苗字)の方がお住まいだとか・・・と教えて頂きました。

明智光秀の妻が、黒髪を売って、仕官の御金を工面したと言う話を記した、限定朱印です。

称念寺

帰り際、チョットいいですか?と福井新聞社の人に声を掛けられて質問攻めに成りました。 (;^_^A
最初は、実名でもOKしていたが、ネット記事に成ったら、恥ずかしいので、匿名希望に変更。(^^;)
(京都でも軒数が少ないので、誰って解ってしまうからね・・・・。)

新聞記事2


岩城神社(朱印巡礼42)

京都府亀岡市千代川にある、岩城(いわしろ)神社。
明智光秀が、八木城攻めの時に、戦勝祈願をしたそうだ。

岩城神社a

昔から、京都縦貫道を、千代川インターを降りて、田舎へ抜けるルートとして使っていたが・・・。
鳥居が見えないので、まさか!こんな処に、有るとは夢にも思いませんでした・・・。(^^;)

岩城神社b

能勢氏と言えば、能勢頼次が、明智光秀と親しく、山崎の合戦時には、味方に付いたらしいっが・・・。
江戸時代に、末裔の能勢氏が、ここを領地にしていたとは!知りませんでした・・・。(;^_^A

御朱印は、亀岡市並河にある、大井神社にて頂けると、言う事で、行って来ました~!

岩城神社c

駅前の学校裏と言う事で、細い住宅地の路地をウロウロ・・・。
迷ってしまったので・・・。
近くに居た人に声を掛けて、「大井神社何処ですか?」と尋ねたら~!
なんと!私の後ろの農道を行った先だと言う事が判明。。。。(;^_^A
なんとか、神社入り口へ到着・・・。
社務所にて、御朱印を頂きました。

岩城神社


月輪寺(朱印巡礼41)

コロナウィルスの影響で、非常事態宣言となり、外出自粛していましたが!
なんとか、5月21日に解除されましたので、感染予防をして出掛けました。

外出の目的地は!昨年登った、愛宕神社です!
何故かと言うと、明智光秀仕様の限定・御朱印を出されたからです~!
貰うからには!日付も拘りたいと、考えていたからです。

愛宕神社2

一説には、5月24日に愛宕山で、連歌を開催したとか?
運よく、休みの日曜日と重なり、いい記念に成りました。

その後、下山ルートを変えて、月輪寺方面で下りました。

DSC_0011

愛宕神社脇の休憩所を抜けると、京都市内が一望出来ました~!
案内板の示すルートを道なりに下って行きました。
(最初は、チョット不安でしたが、時々登山者と擦違ったので、安心しました。)

DSC_0012

愛宕神社の参道とは違って、細い山道が続きます・・・。
30分位、歩いたでしょうか?山小屋見ないな処に出ました・・・。
月輪寺さんの裏口に出たようです。

DSC_0013

住職さんが、表に出ておられたので、御朱印をしているか聞いた処。
昨日から、再開したそうで、なんとか、頂ける事に成りました。

月輪寺

月輪寺さんは、元々愛宕神社の敷地内にあったらしく、明治時代に移転したそうです。
更に!明智光秀が、三度籤を引いた、籤が伝わって居るとかで?
記念に籤を引いてみました~!(^^;)

DSC_0014

結果は、末吉でした・・・。(^^;)
その後、1時間ほど掛かって、清滝の登山口まで辿り着けました。

鍬山神社(朱印巡礼40)

京都府亀岡市にある、鍬山神社へ行きました。
(昨年秋に訪問したが・・・。アップのタイミングを逃して遅くなってしまった・・・。)

鍬山神社は、紅葉の名所で!亀岡市内では一番!ではないでしょうか~!
幼少の頃のインパクトが!強かったせいか?
京都の名所を行っても、まだまだ気分が有ったので・・・。
嫁さんには、「いったい!どのレベルならいいんや!」とぼやかれていたので・・・。
温暖差が、いい季節(昨年)に連れて行きました。(^^;)

k3 のコピー

京都市内は、晴天のいい天気でしたが、老ノ坂トンネルを出ると!
亀岡市内は、濃霧となっていました~!

k1 のコピー

神社へ着くと、多くの撮影者が・・・。(^^;)
嫁さんの接待日なので、コンデジの軽装備にしたが・・・。
自分も一眼レフ持って来れば良かったかも・・・。と後悔。

k6 のコピー

嫁さんは、ハイテンションで携帯の写真を撮りまくり、途中でバッテリーが無くなるが・・・。
取り合えず、満足して頂いた様です。(^^)v

k8

八幡宮(誉田別尊)と

k7 のコピー

鍬山宮(大己貴命)の神様を御祭りしていて・・・。
険悪の仲の神様だそうです・・・?

戦国期には、明智光秀が、祭礼を廃止させて、大智院と言う、別当を建設したと言うが、
昭和の水害に流れてしまったそうです・・・。

そう言えば、京都の上久世にある、綾戸国中神社も戦国期に、
綾戸神社と国中神社を統合した話が、書いてあったなぁ・・・。
水源の取り合いで争う場所では、こんな事が多かった?のだろうか・・・。

鍬山神社

と言う事で、明智光秀ゆかりの鍬山神社訪問でした。
プロフィール

kのの

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 明智神社(朱印巡礼44)
  • 明智神社(朱印巡礼44)
  • 明智神社(朱印巡礼44)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村 鉄道コム
  • ライブドアブログ