時めく蒸機の風

蒸機の撮影(N蒸機の加工)が、メインですが、 明智光秀ネタも書いてます・・・。

JR西(SL)

只今!明智光秀、三十六ヵ所巡り実行中。(^_^;)

C571号機(2016年式)

TOMIXのC571号機を、可能な限り実車に近づけました。
(車両は、2016年3月~12月までの姿です。)

z01




C571号機の正面。
デッキの手摺・エアーホース・前照灯を交換(点灯可)。
正面エンド側に、スノープロウ取付け穴・排気管を追加。
標識灯+電源ケーブルも追加。

2

煙室ハンドル・ナンバープレート・デフを交換。
回転火の粉止めは、製品を加工し、煙突の帯も、レイアウト変更。
集煙装置の台座は製品を流用し、デフのステーは新たに作り変え。
チャームポイントのランプ掛けも装備。

3

蒸気ドームのRを修正・放熱管の渡り・コンプレッサーへの配管を立体化。

4

タブレットキャッチャー・メーカープレート・ナンバープレートサボ受けを交換。

屋根のとゆ、テンダーの手摺を立体化・火欠き棒を2本追加。
石炭前寄せ板も追加(カーブレール280を通過)

5

キャブの吊金具を立体化。
信号炎管を交換。GPSアンテナを追加。

6

放熱管の長さを修正。 砂箱に、排出管・吊金具を追加。
オイルポンプ調節コックを交換。

7

形状の異なる電機を2種類使用して、実機に近づける。
排気管・発電機ケーブルを自作し、立体化。

8

テンダー重油タンク部を立体化。

9

テンダーの上部手摺・吊金具を立体化。

IMG_3867 のコピー 2

テンダーの前照灯位置を変更し、ドライブレコーダーを追加。
更に。ランプ掛けを追加・標識灯も交換。
エンド側手摺を、立体化。ステップの形状を大型化。

88_31


C56160号機(2012年式)


KATOのC56小海線仕様を、北びわこ号でお馴染みの
C56160号機に、可能な限り忠実に再現して見ました。
(GPSとドライブレコーダーの無い、2012年式です。)

z02

公式側、正面です。

ライトは銀河製の大型ライトに交換し、光ファイバーを通しているので点灯可.
煙突は、やえもん製の部品を改造して、旋回火の粉止めを載せています。
よく見ないと解りませんが、正面左には、ライト掛けのフックも装備。
やえもん製の煙室扉ハンドルと、ハンドルノブを使い。レボ製のナンバープレートに交換。
デフの点検窓は、真鍮帯にて縁取りしています。
機関士側の窓には旋回窓も装備。

blog_import_5c8c245512ce2

テンダーの手摺は、銀河製を使い、自作の火欠き棒を掛けています。
また、前寄せ板の形状も違うので、削って付け直しています。

blog_import_5c8c2456c644e

非公式側 サイドです。
左右の丸型オイルポンプは、銀河製。
パイピングは製品を削り、真鍮線でやり直しています。
(ATS配管・消音器の配管も変更しています)
小海線仕様の延長屋根を修正し、屋根の上部の吊金具を追加。

blog_import_5c8c24588c569

リア上部から。

C56160で一番苦労した所が、テンダー両サイドのステップで、
左右の形状がことなっており、さらに縁取りされている特殊なテンダーです。

これを、再現するため、洋白帯で縁取り加工し、左は真鍮線、右は真鍮帯を使いました。
バックのライトは、銀河製。
高さが変わったので、点灯しませんが、イエロー塗装をしています。

88_31



D511号機(梅小路仕様)

梅小路に保存されているD511号機を可能な限り再現しました。

z1

ベースはKATOのD51旧タイプで、2007年に作った車両です。
ナンバープレーは、自作の形式入りです。

z2

公式側・ランボド上には、車輪への給油用オイル缶と吊金具を再現。
さらに、ドームに登るステップは手摺状に変更。

z3

非公式側、こちらも公式側と同じ加工をしています。
逆止弁の配管を少し変更。

z4

キャブ周、ATS配管や清缶剤周辺を限りなく再現。
テンダーには、火欠き棒を載せてます。

z5

テンダーのエンド側、テンダーへ上る梯子は、3分割に加工し忠実に再現。
更に、前後4本のステップは、メッシュに見える様に加工しています。


RMM150号掲載品

88_31



プロフィール

kのの

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 11月11日
  • 明智門(朱印巡礼26)
  • 明智門(朱印巡礼26)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村 鉄道コム
  • ライブドアブログ