時めく蒸機の風

蒸機の撮影(N蒸機の加工)が、メインですが、 明智光秀ネタも書いてます・・・。

車両改造

只今!明智光秀、三十六ヵ所巡り実行中。(^_^;)

KATO EF65 1000(JR仕様)後期を。。。

昨年、KATOのEF65JR仕様を、ベースに下関車仕様を作った勢いで!
出雲仕様を作ろうと、購入していた車両ですが・・・。

IMG_3862 のコピー

いろいろと、事情が有り放置していましたが・・・。
なんとか連休中に、少し手を加えました!

IMG_3863 のコピー

テールライトの点灯工事を完了!
作業時間は、約20分ぐらい・・・。ですが、光量調整が少し時間が掛かる感じです。

当初は、両エンド点灯予定でしたが、余り目立たないので・・・。
いちエンド側のみ施工・・・。
純正品よりも、部品交換した方が、良さそうですが、
予算が、無いので、しばらくは、このままで・・・。(^^;)

IMG_3573 のコピー

作り方は、角形のLED(ダイオード)と逆流防止の抵抗を、スカートに搭載するだけです。
後は、左右方向に光源を分ける素材を見つけて、点灯させれば、いいだけです。

*画像を見て、マネする場合は、自己責任にて!!あくまで参考と考えてね!

88_31




クリアケースの詰替え

TOMIXのEF65と、C571のクリアケースとでは・・・。
大きさが違うので、チョット仕舞い難い・・・。

以前、TOMIXの12系客車を、KATOのクリアケースに、
(客車のサイズが、合わないので、スチロールを切って流用。)
詰替えたので!機関車も詰替えてみました。 (^^;)

x1

EF65の方は、上下に余裕が、有ったので。
カッターを使い、少しづつ切って、上の画像の様にしました。

x2

C571の方は、足回りのスペースが、無かったので。。。
PLATZのハイパーカットソーと、カッターを使って、(ちょっと傾きがあるが・・・。)
なんとか、切り出して、収納出来ました。。。(^^;)

車輪のガタつきが無いので、カバンの中に入れて、移動しても?
ズレル事は有りませんでした。

真似する方は、破損等は自己責任と言う事で・・・。

88_31



EF65 ATS-P 下関車

模型加工用に、EF65、下関車(ATS-P仕様) の屋根周りの画像を並べてみました。

まずは、
↓EF651128号機です。
2018年7月撮影、1エンド側が、下関方向を向いています。

1

↓EF651124号機、(トワイライト色)です。
2018年7月撮影、1エンド側が、東京方向に向いています。

2

↓EF651135号機です。
2017年7月撮影、1エンド側が、東京方向に向いています。

3

上の3両は、信号炎管の右、横ツラ位に、列車無線アンテナが付いています。

↓EF651132号機です。
2018年5月撮影、1エンド側が、下関方向に向いています。

4

↓EF651133号機です。
2017年6月撮影、1エンド側が、東京方向に向いています。

5

上の2両は、信号炎管の後に、無線アンテナが付いています。

模型と、実機とでは、微妙に取り付け位置が、違うので、
特定機を作る時には。。。注意が必要ですね!

88_31

KATOのC11 台車不良

C11の台車が、干渉して脱線する・・・。

何故?解ったかと言うと。
ネット記事を見て、自分も、GMのナックルカプラー化した時に、
バック運転時に!発覚!!

z5

時計回りは、従台車が、脱線する。。。

z6

反時計回りの時は、従台車が脱線せず?。
良く調べて見ると・・・。

z7

ヤスリの先、公式側のエアータンクと、従台車が干渉していました。
ちなみに、もう一両見て見た処。同じ所が干渉していました。
ヤスリ掛けしてやると、脱線が無くなりましたが・・・。

後日、カトー京都店に行って、
従台車の干渉部に付いて相談してみたのですが、こんな事で解決!

z10
(撮影用に、0.1mmのプラ板を入れています。)

「エアータンク部の切り掛け、ギリギリに台車レリーフが、
干渉していて脱線しやすいんですが・・。」と色々と話をして、帰宅。

店員の話をヒントに。
試に台車レリーフを、ピンセットにて、曲げてみたら・・・。

z11

いい感じに、エアータンクの切り掛け部分に、レリーフが通過!
そうそう!!自分は!これを求めていたんですっきり!!

(もしかしたら・・・。出荷時の調整不良と違うかね・・・・。)

88_31



KATOのC11をバック運転化

ネット記事を見て、自分もやって見ようと、GMのナックルカプラー化しました。

z8

改造した内容は、ダミーカプラーの 高さ1.5mm×幅1.6mm になる様、
GMナックル(1.2mm×1.4mm)に、マスキングテープを、巻き付け差し込んでいます。
あとは、客車側の、かもめナックルが入る様に、ラジペンで、連結を見ながら外へ、広げて調整しました。
少し重たそうでしたが、客車5両牽引(R280カーブ)が、出来ました。

z9

チョット連結器が、大きいか・・・。いい感じですね!

88_31



プロフィール

kのの

アクセスカウンター
  • 累計:

最新コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 天王寺砦(朱印巡礼21)
  • 天王寺砦(朱印巡礼21)
  • 天王寺砦(朱印巡礼21)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 車両加工へ
にほんブログ村 鉄道コム
  • ライブドアブログ