丹波市柏原町にある、柏原八幡宮へ立ち寄りました。
町のシンボル的な、赤い三重の塔が、目印です。

柏原八幡c

神社に付くと、駐車場らしき場所が、無かったので・・・。
観光案内所の人に聞いて、車を置き、いざ!神社へ!

神社の入り口には、大量の杖があり?
不思議に思いながら、参道を登ると、見た目以上に!
急勾配だったので、入り口の杖は、その為だったのか・・・。
とチョットだけ後悔・・・。

柏原八幡b

息を切らせながら・・・参道を上ると、立派な木の鳥居が建っていました~!
神社には、明智光秀に付いては、一言も書かれていなかったですが、
黒井城攻めの時には、神社を撤去し、砦として活用したらしい。
(一説には、ここが柏原城跡では無いか?と言われています。)
確かに、周りは急勾配になっており、チョットした砦としても使えそうですね!

羽柴秀吉の時代に神社が再建され、その後、織田家が柏原を治めたそうです。
と言う事で、難っくき!明智光秀色が強い為、神社の記録でも良い事が書かれていません・・・。

柏原八幡a

参拝後、社務所にて、朱印を頂きました。
更に!落雁の御菓子まで、頂きました~!

br_c_1761_1